うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩していますコメントはお気軽に♪

8.雨の出発


人気ブログランキング
 7日目は日曜日。夕刊がないのでゆっくりすることができた。一週間、先輩たちの後ろに自転車で付いていっただけだが、時間的にはかなりの時間を割かれていてしかも休み無し。ちょっと疲労がたまってきた。明日からいよいよ一人で配達。体力を養って翌日に備えることにした。街へ出て散策をしてみた。北千住の街は、JRや東武のある北千住駅が賑やかだ。商店街を通って、駅ビルの方に出てみる。本屋は駅ビルが一番大きいようだ。あきらは時々本屋に行かないと落ち着かない性分なので気分転換のスポットを見つけられたことを喜んだ。買い物はイトーヨーカドーやトポス、長崎屋によく行った。イトーヨーカドーは北千住が1号店で歴史のある店だと聞いた。トポスはダイエー系のディスカウントショップでよく菓子類を買った。この頃は本当によく腹が空いて、なんだか口にしていないと仕方がなかったのだ。毎日激しい運動をするからお腹が空くのも当然だろう。
 8日目、いよいよ一人で配達する日が来た。3時に起きるとあいにくの雨だった。とりあえずカッパと長靴を借りて雨支度を整える。新聞の部数を確保して折り込みを入れる。他の先輩たちはポンポンポンと支度を済ませ自分の自転車に積み込んでいく。あきらは折り込みを入れること自体に慣れていなかった。何しろ一週間先輩の後ろを付いていただけだから、初めてやるようなものだ。自転車を倒さないように、そろりそろりと新聞を積み込む。後ろの荷台は雨なのでビニールでぐるぐる巻にしておく。前の荷台も二つ折りで互い違いに入れた新聞に、梱包ビニールを巻き付けて水が漏らないようにする。雨ということさえ初めてなので、作業は見よう見まねだ。新聞は積み終わった、いよいよ出発だ。
 自転車にまたがり新聞店を出る。新聞を満載にした自転車はかなり重たい。ハンドルを取られそうだ。墨堤通りを渡り、まずは歩道の段差を上がり公園内を行くのだ。公園内に入ると砂地になるのだが、折からの雨で水たまりが出来ていた。ハンドルを取られた瞬間、自転車は新聞の重力で勢いよく水たまりに傾いて行った。ガシャンと大きな音を立てて。まだ一部も新聞を配っていないのに新聞は水を吸い込み、大変なことになってしまったことがわかった。あきらは自転車を起こし、地面に落ちた新聞を持てるだけ持って新聞店に走って帰った。「自転車を倒してしまいましたっ!」店長が出てきて「配れる新聞と配れない新聞分けて」と言った。あきらは自転車のところに走って戻った。急いで自転車ごと店に戻り、軽くぬれている新聞と泥をかぶった新聞に分けた。さいわいにも泥をかぶっている新聞紙は予備紙と即売紙の部数の範囲だった。即売とは店に買いに来た人のために置いておく新聞のことだ。塗れている新聞は拡げて乾かしておくからと店長は言った。ちょっと遅めに出発する先輩たちは雨の中次々に店を出て行った。