うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩しています♪お役立ち情報とか、もうけ話とかはありません♪

実家建替に伴う通信環境の整備について

実家建替に伴う通信環境の整備についてです♪

【電話】
・J:COM電話→NTT東日本に変更
・建築中は休止扱い(電話番号保持のため)
・NTT東日本で復旧(回線を残すため)
AUひかりに変更予定

【テレビ】
・J:COMパススルーを撤去中
・J:COMパススルーを復活予定
・BSアンテナを設置、地デジと混流予定

【インターネット】
AUひかりを設置予定

【宅内LAN】
・CAT6規格(1000ベース)有線LAN構築予定
・無線LANは、最新機種を設置(NEC)

<選定の過程>
AUひかりとNTTフレッツ(系統プロバイダ)で検討。
フレッツ系はテレビ(地デジ、BS)を、接続出来るプロバイダで選定、ソフトバンクで検討。
PPPoE接続で、IPV6 の接続のためにBBなんとかを設置するとなんとかとか出てきて辞める。
結局フレッツ系は、混雑時間帯は遅い、近隣にマンションが増えて不利との結論。(同一エリア)
AUひかり設置で検討する事とした。

<費用検討>
マンションタイプからホームタイプへ。回線速度の向上若干の費用増加(1000円くらい)、工事費は実質的に発生しない(AUのプロバイダ)引越扱いになるので現在のAUひかりの解約料不要。
ソフトバンク光だと、値引き相当額が実は工事費分なので、得ではない。AUひかりでも、KDDI直営のプロバイダでないと同じ。

テレビの費用は、J:COMパススルーの方がフレッツより200円くらい高い。しかもBSがない。ただし、J:COMチャンネルや関東ローカル局が多チャンネル、FM電波の再送信が多チャンネルなど(神奈川、埼玉方面からの電波を受信出来る)のメリットが大きい。BSアンテナは、初期費用も驚くほど高くないので、設置して混流させる。(実家は地デジ難視聴エリア、都会です。)BSアンテナはこれから設置する場合、左と右に対応したものの方が良いそうです。(CS衛星が追加されるそうですが、よくわかりません。)

電話は、初期費用はかかるが、いったんNTT工事をかませる。通信障害時の保険のようなものです。その後に、AUひかりから切り替えると電話番号も実家のものが使えます。最悪、AUが撤退した場合フレッツに切替可能になります。

宅内LANは、テレビにネット接続が当たり前になっており、うちの新しいパナソニック液晶テレビは、ネットサービスもあるので設置。無線LANより高速で障害がない。
無線LANは、ノートPCとiPad接続用です。



追記

通信関係をまとめるのに、マルチメディアボックスというものがあるそうです。
BSアンテナの左と右ですが、現在運用中が右旋(ハイビジョン)、将来運用のものが左旋(4K、8K)だそうです♪

加入電話、現在のものを休止扱いにして復帰させると、メタル線になるようです。