うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩しています♪お役立ち情報とか、もうけ話とかはありません♪

シネマツーで『県庁の星』を見るの♪(立川市)

イメージ 1

<観賞日:2006/2/27>『県庁の星』←リンク

織田裕二柴咲コウが出演する、絶対ヒットすると言うキャストと言うのが前評判の映画。タイトルは県庁の星で、織田裕二が演じるのも『県庁さん』だが、県庁の内幕を暴き、県政に革新を図る、新進気鋭の県庁エリートを描いた作品ではつまらなすぎるのか、内容はタイトルのイメージからは違っている。

 織田裕二演じる『エリート職員野村=県庁さん』は、老人保健施設建設担当のエリートだが、そこにはハコモノ行政に付き物の建設業界との癒着があった。野村自身も、地元大手建設業者との縁談が進んでいた、、、ハコモノ行政に民間のノウハウをとのことで、野村は、スーパーマーケットに派遣されるのだが、ここは、民間のノウハウどころか、その場しのぎの危うい運営をしているスーパーだった。
 ここで、野村は、柴咲コウ演じる二宮と出会うのだが、色々と壁にぶつかっていく。映画のストーリーの大半は、スーパーでの壁と解決に野村が、くじけながらも、真正面から取り組んでいく姿が描かれている。流通小売業なら当たり前のことが出来ていない店を、一県庁職員が救ってしまうストーリーは、ちょっと一貫性を欠いている。研修に来たはずが、いつしかスーパーの業務改善の指導をやっちゃってるから。

 というより、原作からよくこの映画を作れたということに感心した。