うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩したりしています♪お役立ち情報とか、もうけ話とかはありません♪

アクアラインの値下げは後世へのツケ払いか?

アクアラインの値下げの見込みがたったと言う。

森田健作千葉県知事の働きかけの結果だというのだが、千葉県が負担して行っていくようだ。




アクアラインの値下げの概要。

ETC社会実験として2年間実施。

普通車800円、その他の車種も値下げ。


このことにより、NEXCO東日本の減収は400億~500億円にあがるはずだが、

財政的裏付けは、千葉県からの20億円だと言う。

ケタが一つ違っていないのか良く確認する必要があるのだが、

東京湾アクアラインは、東京湾横断道路株式会社へ建設費相当額を毎年払うことになっていて

これは通行台数が何台だろうと、料金収入がいくらだろうと変わらないのだ。

この道路がどういう仕組みで現在の料金を維持しているかを考えてみよう。

元々『東京湾アクアライン』という単独の道路で収支計算されていたのだが、千葉プールと呼ばれる

京葉道路千葉東金道路圏央道(千葉区間)・アクアライン連絡道』と同じ料金体系に入った。

すなわち、既に破綻している道路会計のツジツマを合わせるために県央部の採算性の良い道路と同じ財布を使うことにしたのだ。

400億円の収入不足を20億円でまかなおうとすれば残り380億円は借金となる。

確かに県の財政に与える影響は少ないだろうが、県民が後世有料道路を使用する際にいつかは支払わなければならないのだ。

仮に380億円のお金を千葉プール全体でまかなうとすると通行台数1日20万台として1台あたり約500円になる(年間)。ある特定の利用者のために他の区間の利用者がこれを負担するとなればこんな不公平はないだろう。

しっかりとした財政的裏付けを持って今後は対応して欲しいものだ。