うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩しています♪お役立ち情報とか、もうけ話とかはありません♪

ダイハツ、トヨタ新SUV発売で、スズキ車との性能比較、欠点こそ最大の武器?

ダイハツ『ロッキー』&トヨタ『ライズ』VS スズキ『クロスビー』

 

 

www.utachan.com

 

 

昨日2019年11月5日、ダイハツトヨタから発売された新型SUV

早くもネット上には新型SUV提灯記事が大量に出回っている。

 

ダイハツトヨタ車が特に売りにしている『ポイント』がスズキ車に負けているのがとても気になるのでまとめてみた。

 

荷室寸法

ダイハツトヨタ車は奥行きがスズキ車より勝っている点をアピール。

 

実際→スズキ車は後席シートがスライドして荷室が拡大する。荷室容量が本当に必要な時、あんまり変わらない。

 

後席の快適性

ダイハツトヨタ車は、後席に3名乗りで5名定員乗車時の快適性をアピール。

前後座席間隔900ミリをアピール。

 

実際→スズキ車は後席2名乗りで4名乗車時の快適性を追求している。

前後座席間隔は約1000ミリ(ネットカタログに表記なし)。後席スライドで縮小する。

 

最小回転半径

ダイハツトヨタ車は5メートルをアピール。

 

実際→スズキ車はカタログ値4.7メートル。

 

価格訴求

ダイハツトヨタ車は最廉価グレードの安さをアピール。

 

実際→ダイハツトヨタ車の最廉価グレードは装備が貧弱すぎて現実的でない。前席センター部分のシフトノブやパーキングブレーキの配置がコストダウンの結果で残念すぎる。グレード構成を考慮すると、むしろダイハツトヨタ車の方が割高。

 

運転感覚と運転性能

ダイハツトヨタ車は足回りの良さをアピール。

 

実際→ダイハツトヨタ車はCVTの採用でエンジンからのダイレクト感が少なく、そもそもSUVテーストではない。ハイブリッドではないので、アイドリングストップからの再始動にもたつく。

スズキ車はステップATを採用している。ハイブリッドなのでアイドリングストップからの再始動がスムーズ。

 

結論

スズキ『クロスビー』の、そもそもパクリを、本年開催のモーターショーに合わせて目玉っぽく新発売したのが、ダイハツ『ロッキー』&トヨタ『ライズ』。

 

www.utachan.com

 

www.utachan.com