うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩していますコメントはお気軽に♪

アクアラインで最大25kmの渋滞♪

ネクスコ東日本の発表によるとアクアラインの通行料金値下げ(1000円)で最大25kmの渋滞を起こしたという。

前後の時間に交通情報をチェックしてみたが、昼間時間帯は海ほたるPA付近で常に渋滞していたようだ。また浮島JCTから25kmとは君津IC付近までとのことだから、アクアライン全ての区間で神奈川・東京方面への車がつながっていたことになる。

小さな渋滞は、毎週あるようだから、アクアラインの通行料金値下げを行っても、アクアライン自体が交通処理能力がなくて、交通量を増やしようがないことになる。首都高湾岸線東京区間の渋滞会社にはハナから役に立たないわけだ。

そもそのアクアラインは、前後で道路が整備されず通行量が伸びないとされていた。神奈川側は、川崎縦貫道路の未整備、千葉側は圏央道千葉区間と、館山道の未整備だったのだが、館山道暫定2車線が全通した程度でこのような渋滞である。3/21(土)53,200台が最大の交通量のようだ。

浮島JCTから大師JCTの開通で浮島JCTの通過台数は増える可能性はあるが、湾岸線への流れが本流で、大師JCT方面は交通がさほどないだろうから、改善は見込めないだろう。

森田健作千葉県知事は、アクアラインの通行料金値下げで800円とすることを公約にしている。受け入れる前後区間ボトルネック対策も同時に施策として行わないと、アクアラインが渋滞の名所になってしまうと思う。

アクアラインを値下げすると同時に県内各所の交通渋滞も解消させるべき課題だ。アクアライン値下げで直接影響すると思われるのが、館山道末端の対向2車線区間。この区間そのものの渋滞およびアクセス道路で現在でも渋滞が起きているようだ。また外房方面への抜け道もあまり良い状態とは言えず改良が必要だ。

アクアラインの橋梁部では『キリ』『強風』などの通行止めがあるからその対策も必要だ。


眠いときに作ったので誤字脱字がたくさんあるようです。気がつき次第修正してます。