うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩していますコメントはお気軽に♪

水素社会は妄想である!その1

水素社会を目指す国策とそれに追随する東京都の計画は非現実的であることがわかって来ました。なぜ非現実的かと言うと簡単なことです。本日はその序章として、現実的でない理由を列記します。

 

1)水素社会を実現するための資源そのものが地球上に限りなく少ないこと。
   ・燃料電池装置などの機器は希少金属をたくさん使います。地球上の資源だけでは足りません。

 

2)水素社会を実現するためのインフラ整備がとてつもなく高価であること。
   ・仕組みが複雑であるため機器が高価になります。水素による腐食がかなりあり維持のための部品    交換もバカになりません。

 

3)水素そのものを得ることがとても高コストで、他の燃料より安くなる見込みがないこと。
   ・天然ガス改質では、50%程度しか原燃料に対して水素を得られない。
   ・製鉄所で水素がたくさんあると言われているが、コンビナートないで消費されていて、決して     余ってはいない。それを使うとしても、燃料電池用に精製する過程で、純粋な水素が、50%程    度しかあり得ない。
   ・水の電気分解では、投入した電力の半分が熱損失及び酸素変換に使われ、水素エネルギーは、     50%程度しか得られない。→送電線を構築して電気エネルギーとして使った方が現実的。

 

個別には後ほど書きます。