うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩していますコメントはお気軽に♪

秋葉原にて♪(7月17日その1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 <日付:2005/7/17>

 3連休の中日、7月17日の秋葉原の様子を前回の上野方面からの続きで書き込み。日曜日では、秋葉原地区と銀座地区の中央通りは歩行者天国になります。余談ですが、常に路上駐車の多いこの地区で交通を遮断するのは、かなりの労力になる(事前準備で)と思う。
 最初の2枚の写真は、再開発地区に面した、老舗商店。昔、秋葉原は、卸売り市場のあった場所なので、その名残と言ってもいいかもしれない。今、再開発されているのは、かつての市場だった所で、しばらく都営公共駐車場と公園広場となっていた。スキーバスの発着場としても有名だった所。これは、都内各所でスキーバス発着による路上駐車を減らす、道路混雑防止対策だった。
 歩行者天国では、秋葉原などの人が集まる地区で必ず出くわす、謎の南米音楽集団を今回も見た。秋葉原や新宿で、よく見ると言うことは、組織的に行われているパフォーマンスだと思われる。かなりの稼ぎだと思われるが?どうなっているのだろう。向かい側では、若者による路上コンサートをやっていた。アイドル性はあると思うが、歌はお世辞にもうまくない。音楽的にもサビの繰り返しみたいなやつなので、褒めるに値しないが、公衆の面前でこれだけのパフォーマンスをする度胸と無謀さがあれば、そのうち話題になるかも?と思う。
 次にラオックス、Theコンピュータ館に行く。ちょうど、改装前のセールを行っていた。業績不調のため、外資の手に落ちたラオックス、再興はなるのだろうか?秋葉原での店舗は、売れているようだが、郊外店の不振が大きいのだろう。
 秋葉原駅の電気街口北側では、『ジョニー君』売りがいた。秘密の仕掛けで、踊る人形なのだが、以前パセリも買っているので、しかけは知っている。そのしかけのために、観客に紛れて、サクラが1人いると思われる。
 最後の写真は、『募金を集める人』。ボランティア活動をするのは、生活に余裕のある人と思われるから、見るからに生活に余裕のなさそうな人が、しつこく募金活動をやっているのはとても怪しい。ネットで検索すると、簡単に実態がつかめるので興味のある方は調べてみたらいかが?