うたちゃん日記

うたちゃんの日記を中心にお散歩していますコメントはお気軽に♪

森田健作氏は公職選挙法「虚偽事項の公表」にあたるのか?

千葉県知事に森田健作氏が当選したのだが、ここ数日ちらほらと出てきたニュースに、同氏は自民党支部長であって、選挙活動中も自民党員であったことが報道されている。

ぱせり家では、森田健作氏=元自民党員であること。衆議院議員を続けられなかった理由に選挙資金を巡って公職選挙法によって秘書が逮捕されており、人物的によろしくない旨、身内で申し合わせ、各自選挙に臨んだ。もしかして千葉県民の多くはこの事実すら知らないまま、知事選に望んだのだろうか?



以下引用(wikipeda森田健作より)
2000年8月には自身の公設秘書が公職選挙法違反にて逮捕され、連座制適用による自身の失職も想定されたが、東京簡裁にて罰金50万円の略式命令となり、連座制適用は見送られた。2003年の第43回総選挙には立候補せず。


以下引用(公職選挙法
公職選挙法(虚偽事項の公表罪)
第235条 当選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の「政党その他の団体への所属」、その者に係る「候補者届出政党の候補者の届出」その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し「虚偽の事項」を公にした者は、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処
する。


以下引用ヤフーニュース
完全無所属」実は「自民支部長」…千葉知事当選の森田氏

千葉県知事選で100万票余を獲得して初当選した元衆院議員の森田健作氏(59)が、現在も東京都の自民党支部長を務めていたことがわかった。
(以下省略)



今後、どのような動きになるのか?千葉県は大丈夫なのだろうか?
(本記事は転載可能とします)